家族葬について

家族葬の特徴

ご家族と親しい方で、お見送りするお葬式。

ご家族、近親者、特に親しい方とともに、故人とのお別れをゆっくり過ごす葬儀の形。「家族葬」に明確な定義はありません。内容は一般的な葬儀とほぼ同じですが、少人数のため一人ひとりの想いが反映されやすい点が特徴です。多くの参列者にお参りいただく葬式では、ご遺族は気を遣いっぱなしで、お疲れになるケースが多く見られます。家族葬のメリットは、大切な人を亡くした哀しみを充分に共有できることです。

「家族葬」を選ばれる方

周囲に気を遣わず、親しい人が中心の葬儀にしたい方親戚が少なく、お知り合いの範囲が狭い方心ゆくまでお別れの時を過ごし温かく見送りたい方

上記項目のいずれかに該当する方に、家族葬が選ばれています

後悔しない葬儀、トラブルのない家族葬のために

「家族葬」の解釈が人それぞれ異なるため、思わぬトラブルになるケースが増えています。訃報を知らせるべき関係者の確認と、細かい配慮を忘れないことが大切です。

Case01

友人・知人をがっかりさせてしまう

葬儀は、ご友人・知人の方々にとっても、故人とお別れの時を過ごし、心の整理をするための場でもあります。ご家族が知らない生前のお付き合いがある場合も多く、ご家族だけの判断で家族葬を行うと、後から訃報を聞かれた方の気分を害してしまう恐れがあります。お知らせの範囲は慎重にご検討ください。

Case02

故人の過去を知る唯一の機会

葬儀では、友人や関係者から故人のエピソード、昔の話などが聞けることがあります。家族葬を選択した場合、家族が知らない生前の様子を聞ける機会を逃してしまうかもしれません。

Case03

お葬式後の弔問者

葬儀が終わった後、訃報を耳にされた方がご弔問に来られる可能性があります。対応に時間や手間がかかる恐れもあります。

Case04

大切な近所づきあいの機会

一般的な葬儀では、ご近所の方々が受付などのお手伝いに来られます。家族葬の場合、貴重なご近所の方と親交を深める機会を逃しかねません。

Case05

費用負担が増える場合も

少人数の家族葬なら費用負担が減るとは限りません。小規模にしたことで逆に負担が増えるケースがあります。収入面とのバランスを考えながら、しっかりご検討ください。