社葬について

社葬の特徴

企業がご遺族と一体で執り行う行事。

社葬は、故人の企業が主体となり、業務の一つとして執り行われます。各界からの主要関係者が会するため、故人への哀悼の目的にとどまらず、企業にとって意義あるイベントと言えます。特に、企業のトップの死となると、決して「個人の死」で終わらせることができません。社会的・文化的な意味を持ち、生きている者への死生観や、生きることへの意味を与える行事になります。

社葬の成功が、企業の信頼性アップへ

社葬は、故人の関係者だけでなく、参列者に対して企業の組織力や後継者を中心とした万全な体制をアピールする場でもあります。社葬の成功は、企業としての信用性を高めることにつながります。社葬が企業を結束させ、より強固な社内体制にする役割を果たします。社葬が失敗した場合、経営トップの死で社葬を執り行わない場合、その企業に対する社会的評価が低下してしまうでしょう。