葬儀の流れ・マナー

【流れについて】葬儀の流れは?

葬儀の流れについてのページをご覧下さい。
家族葬の流れについて
一般葬の流れについて
社葬の流れについて

【知らせを受けたときについて】不幸の知らせを受けたら?

故人との関係により様々です。
<故人との関係>
●親者・特に親しい間柄の場合
連絡を受けたらすぐ駆けつけます。色々な手伝いをする心づもりで出向きますが、遺族に申し出てから行動しましょう。
●友人・知人の場合
親しい間柄ならすぐ駆けつけましょう。手伝いが必要かどうか聞きましょう。それ程親しい間柄ではなかった場合、玄関先でお悔やみを述べ、通夜、告別式には参列する旨を伝えて辞去するか、または通夜や告別式への参列だけでもいいでしょう。
●近所の場合
親しい間柄ならすぐ出向いてお悔やみを述べた後、手伝いを申し出ます。それ程親しくしていなくても玄関先への弔問へは出向きましょう。地域特有のしきたりが有る場合にはそれに従いましょう。
●訃報の知らせを受けたが、不在や遠方にいた場合
死亡通知を受けるべき本人が不在であったり、遠方で受けた為に行けない場合は、とりあえず家人等が代理で出席するか、弔電でお悔やみを述べ、後日改めて弔問に出向きます。
●訃報の知らせを後に知った場合
取り込み中や旅行中、或いは連絡漏れなどで告別式が終わった後で不幸を知る場合がありますが、知ったら遅れた理由を述べてすぐ弔問に出向きましょう。

【香典について】香典と表書きは?

以下の通りです。

●通夜葬儀のとき
仏式のみ「御香典」・「御香料」
神式のみ「御玉串料」・「御榊料」
キリスト式、お別れの花のみ「御花料」
香典袋の文字は薄墨で書く
●法要(ほうよう)のとき
「 御仏前」・「御供物料」・「御香料」

【弔電について】弔電(電報)を打つ場合は?

どうしても参列できない場合、喪主・親族に対して電報を送る場合があります(わからない場合は故人に一番近い方へ)。通信文の末尾に差出人の名前を記入しますが、必要に応じて住所・会社名・所属も入れておきましょう。弔問に伺えないときに送るものなので、行ける場合は打つ必要がありません。告別式の3時間前までに届くように手配するのがベストです。

【服装について】服装のマナーは?

場合によります。詳細は以下の通りです。

●通夜前にかけつける時
平服でよいが派手目なものは遠慮し、女性はアクセサリーを外しましょう。

●葬儀の時

男性正式和装 黒の五つ紋付きの着物と羽織に袴
男性正式洋装 黒のモーニングコートにズボン(黒とグレーの縞模様)ネクタイ、ポケットチーフとも黒
男性略式喪服 ブラックスーツに黒のネクタイ
友人・知人はダークグレースーツでもさしつかえない
女性正式和装 黒の五つ紋付きの着物に黒帯、黒の帯揚げ、黒の帯締め
女性正式洋装 襟元のつまった長袖で、黒のワンピースやスーツなでストッキング、靴、バッグとも黒
女性略式喪服 紺色やグレーなどのおとなしいワンピースやスーツなど

【言葉について】お悔やみの言葉は何と言えばいいのか?

取り込んでいるときなので、ごく短い言葉で済ませましょう。
「この度はご愁傷さまです」や「心からお悔やみ申し上げます」を月並みですがかまいません。

<注意しておく事柄>
不幸を連想させる言葉(苦しむ・つらい・浮かばれない・迷う)、重ね言葉(重ね重ね・たびたび・しばしば・重々)は用いないようにしましょう。また、長々と生前の病やいきさつを話すのは遺族の悲しみを深めるので避けましょう。

【対面について】故人との対面は?

以下の通りです。
弔問で家族から対面を請われたら、枕元に座り
1. (両手をつき)故人に礼をする
2.遺族が顔の白布をとったら、死に顔を少しの間見つめる
3.故人に一礼して合掌する
4.少し退いて遺族に一礼する
病院の場合、これらを立ったまま行います。手を床につけず、丁寧な立礼で行います。自分から対面を求めることは原則控えるべきですが、最後の別れなのでどうしてもという場合、心をこめ礼を尽くして遺族にお願いしてみましょう。

【法要について】法要に招かれた場合は?

以下の通りです。
法要に招かれるのは親類の他、故人とごく親しかった友人・知人です。内輪ですませることも多くあるので、招待の知らせが来ないからといって催促や問い合わせなどはしないようにしましょう。
服装は地味な外出着でかまいません。アクセサリー類は結婚指輪・時計・真珠のネックレス以外は控えます。

【法要について】法要の御供物は?

法要に招き受けたら、御供物料として現金を包みます。
線香やお供え物を持っていくこともありますが、それらは喪家が用意するので、代わりに現金を御供えするのが一般的です。他に故人の好きだったものも一緒に添えて御供えするのは、行き届いた心づかいといえます。